お金は湧き出るものではなく底があるもの

当たり前のことなのだが忘れがちになってしまう時もある。物欲を目の前にすると、このお金を払っても何も問題がないように感じてしまうことがある。
大学生のころ、趣味でギターもピアノもベースもやって、冬になればスノボーするためにお金を垂れ流し続けた。
話はピアノを買う時のこと。
初心者のとき、試奏したところで何が分かるわけでもあるまいと物欲の思いのままにネットでピアノを購入した。特にそのサイトを読み込むことなく購入ボタンを押したのだ。そして数日後届いたピアノを部屋に置き、さっそく鍵盤を叩いた。しかし音が鳴らなかったのだ。すぐに説明書を読んで確認。どうやらパソコンの専用ソフトに繋がなければ音が鳴らないものらしい。そこで諦めるわけにもいかず、すぐにネットで新しいものを買った。
そして届いたピアノで1年ほど練習をしていたとき、友達が家に遊びにきた。その友達はピアノ歴10年を超える。早速弾いてみてもらったところ一言。
「この鍵盤軽すぎる。」
どうやらピアノの鍵盤には重さがあり、それにより強弱を表現するようだ。そんなことは知らずにピアノを弾き続けてきた。その友達の家に行きピアノを弾かせてもらったところ、一瞬で腱鞘炎の危険を感じた。すぐに鍵盤の重さを考慮に入れたピアノを店で買った。下調べをせずに2台のピアノを買ったことにより4万円以上のお金を無駄にしてしまったのだ。
トイレ リフォーム 費用 埼玉県